つれづれ手帖

アラフォー。純ジャパ。国際結婚。

イギリス人と日本で結婚しよう!と思ったら② 婚姻要件確約書と出生証明書について

前回、日本で外国人(イギリス人)との結婚が決まったら…というブログを書いたのだが

 

kumahat.hatenablog.jp

今日はその②。

婚姻要件確約書出生証明書について。

国際結婚をすると決めてもすぐに婚姻届を提出できない理由はこのふたつにある。

 

 

出生証明書 Birth certificate

出生証明書の入手の仕方

いわゆる戸籍のこと。これはイギリス人が本国で入手する。
日本人は家でじっと待っておこう。
夫の場合はすでに日本に暮らしており、この書類のためだけにイギリスに帰るなんてことはできないので、オンラインで手続きして取り寄せた。
申し込んでから届くまで数週間かかる場合もあるため、計画的に進めるべし!


婚姻要件確約書 Affirmation

婚姻要件確約書って一体なに?

婚姻要件確約書とは、外国人パートナーが

  ・独身であること

  ・年齢などにおいて、外国人パートナーの国の法律でも結婚できること

などを証明する書類のことである。

 

 

ちなみに、数年前まではこの呼び名が「婚姻要件具備証明書」だったらしい。
わたしたちの最寄りの市役所にある資料が少し古いものだったらしく、「婚姻要件具備証明書を持ってきてください」と言われていたのだが、わたしたちが提出したものが婚姻要件確約書だったため「これ、違うものじゃないですか…?」と言われたというエピソードがある。

 

この後書くが、婚姻要件確約書は駐日英国大使館に行かねばもらえぬ書類。
言わずもがな駐日英国大使館は東京にある。
ちょっと待ってもう一回東京行って来いってこと!?と一瞬焦ったけど、問題なかったのでよかった…。

  

婚姻要件確約書はどこで入手する?

この書類は駐日英国大使館で手続きを踏んで、イギリス人パートナーが入手できるもの。
こちらも日本人がどうこうできるものではないので、再びイギリス人パートナーの出番!

 

大使館の予約をしよう

大使館は、行ける日の行ける時間に行こうっと!という軽いノリでは行けない場所である(皆知ってる)。
大使館の前でウロウロしていても警備員がすごい目を光らせているので油断は禁物。

これらの予約は夫がわたしに内緒で進めていたので、どんな風に予約をしたのかは知らないのだが、ウェブからの予約ができる模様。

Welcome to GOV.UK

こちらからイギリス人パートナーに予約をしてもらおう。

 

しかしながらこの予約、いつでも好きな時間が予約できるわけではない。
行けるのは平日の火曜日と金曜日のみ、それも時間が30分ごとに区切られていて、もちろん遅刻厳禁。
仕事をしているから土曜日に行かせてよ〜と無理は言えないので要注意。
行きたい日に予約が取れるとも限らないので計画的に進めるべし!

 

 

持って行くもの

事前に記入フォーム(大使館HPからDLできる)に書いたものを用意して持っていったのだが、結局は向こうで清書するらしい。
だけど現地でまごついてちょっと帰って調べてきます!ってことができないので、やはりちゃんと記入して持って行くのがよいだろう。

その他の持ち物は、

・出生証明書
在留カード
・パスポート

など。

うっかり忘れものをしてせっかくの予約を台無しにしないよう、しっかりチェックして準備しよう。

 

まとめ

とまぁこんな感じで、このふたつに関しては、イギリス人パートナーが主になって進めなければならない事案。
加えて結構時間がかかる。

わたしたちの場合は、結婚しましょうとなってから、具体的な日にちについて夫が何も言いださないので、どういうつもりなんだろうなーと思っていたら、わたしに内緒でこのふたつの段取りを進めていたので参考になるエピソードがない。

わたしが知ったのは、出生証明書が家に届き、大使館の予約が取れたあとだった。

大使館の予約が最初に決まったので、そこから入籍日を決めるという流れになったのだが、そんな風に入籍日を決めるカップルはいないと思うので、入籍日を決めたら、そこから逆算していつから書類を集め始めるかの計画を立てるとよいと思う。

このふたつが用意できたら、結婚へ大きく近づいた!!と言ってよい。