つれづれ手帖

つれづれ手帖

アラフォー。純ジャパ。国際結婚。

一緒に食べるごはん

どうにもこうにも最近文章を書く気になれんのはどうしたものか。
しかも好きな本も進まないときた。
図書館で借りた本も途中までしか読めずに返却期限が来て一旦返してまた借りるという手のかかりよう。
全部梅雨のせいやわ、それしかないわ。適度な太陽くれや。口も悪なるわ(知らんがな)。

 

そういえば最近夫は朝ごはんをパンからごはんに変えた。
理由は「パンよりご飯の方がヘルシーだから」というもの。
夫はヨーロッパ人で、小麦をたくさん食べてきたタイプの人種だから、日本人よりかは小麦をきちんと分解できる体だと思うんだけどな。
それに厳密に言うとご飯だって糖分やけどそれはええんか?という問題も。

 

しかしまぁなんしか、イギリス人好みのパンが売ってるパン屋が近くにないってのが致命的。
(夫はふわふわのパンを食べない)
スーパーに売っている添加物もりもりの甘いパンを食べるのならばごはんの方が混ざりけがないからいいよってなことか。

わたしは元々パンいらない人間で、パン食べてぇな!ってことにならないので、夫が朝パンを食べようがわたしはごはんを食べていたし、なんなら2パターン作らなくて済むからよいのだけどさ。

 

夫との暮らしで、食生活においてそこまで苦労したことはない。

夫が、

それにマヨネーズかける?

え、まじ?そこにもかける?

いやそれは絶対いらんやろw

てゆーかマジ、絶対それにはいらんし!!

っていうくらいのマヨラーなことはのぞいてな。(マヨラーって死語?世代出た?)

 

そんでな。
話戻るけどな。

夫とはマヨ論争はするけど、基本的に好き嫌いないし、めっちゃ困るってことはなくって、毎日そこまでウンウン唸って献立考えたりはしていない。
だから夫がガイジンってことをついつい忘れがちやねん。

それが、この間夫の家族が来ていたときに、みんなで食事する時間が何度かあって、夫と同じようにみんなに接していたら、ちょっとずつずれてくるわけだ、なんていうか「あたりまえ」の物差しが。

 

お寿司は河童巻きに喜んだり、わさびは絶対嫌だと拒否したり、生魚がちょっと嫌だったり。
美味しいとんかつも定食じゃなくてカツカレーで食べたがったり。

その横では夫がマグロにわさびバリバリつけて食べてるわけ。とんかつも定食で頼んで味噌汁啜ってるし、ぬか漬けもバキバキ食っとる。あんた何人やねんw

 

でもそのときに、夫が長く日本に暮らしていてくれてよかったって、実はちょっと思ったよね。
わたしと知り合った時はすでに、いろんな日本の食事に慣れていたし、好きになっていたから。
夫と違和感なく仲良くなれたのも、一緒にレストランに行って初めて食事したときになんの問題もなかったからかもしれん。
だって今の今まで、これを書くまで、意識したことがなかったくらいやしな。

 

そんなわけで、今日はチキン南蛮を作ったんやけどさ、タルタルソースは魚の時でしょ!っていう謎の理論振りかざして、マヨだけかけて食べた夫にキレそうになったけど今日も仲良くやっとります(一応)。
わし、全部食べたったわ!タルタルソース!うまー!!手作りやからな!!!