つれづれ手帖

つれづれ手帖

アラフォー。純ジャパ。国際結婚。

夫の友人家族と遊んだ

夫の友人ファミリーが日本に来ており、私たちが住む県にも観光に来ると言うので会ってきた。先週のことである。

夫の友人はセルビア人でイングランド在住。

夫とは10年以上前にロンドンでルームメイトとして知り合ったらしい。

夫が彼に会うのはなんとそれ以来。

会うことが決まってから夫はそわそわしていたので、めちゃめちゃ楽しみにしていたのであろう。

 

さて、彼らに会うときに何しよう?どこ行こう?なに食べよう?とわたしたちは気を揉んでいた。

到着するのは2時から3時。ここからどこかへ観光に行くにはちょっと遅い。

でもディナーには早すぎる…。

家族連れで、小さい子供もいるし、何か遊べるところがいい。

とはいえなんか天気も悪そうだ。

 

そこで夫が出した案は「ROUND1」。

 

正直わたし的には、なんで!?である。

 

イングランドからやってきて、我が県に来るまで約2週間日本を旅していた夫の友人。

東京、山梨、神戸、京都と旅をして、我が県にやってくる予定だった。

他県では寺巡りをしたり、ラグビー観戦をしたり、富士山を見に行ったりと、かなりアクティブに活動していた模様。

しかも10年ぶりに再会する友人。

それがここにきてROUND1?嘘やろ?

いくら我が県にさほど観光地がないとはいえ、観光客で溢れる場所はいくつかある。

どうせならそこに行けばいいやん。

 

「いや、寺とか神社とか、たしかにステキだけど、楽しいことをいっしょにしたい」

 

と夫は主張する。

 

「僕の家族が来た時のこと覚えてるでしょ?

外国人からしたらROUND1は超珍しいし、楽しいんだよ」

 

 

ははーん。たしかにそうである。

夫の家族御一行さまが日本にやってきた時、夫の提案でみんなでROUND1に行ったのだ。

その時も小さい子供がいて、彼らのためにという思いが夫にはあったのだが、何より大人もめちゃめちゃ楽しそうだった。

その時もわたしは、なんで日本に来てまでROUND1みたいな人工的なとこに行くねん?と思って反対したのだが、楽しそうな彼らを見て、日本に来たからこそのROUND1なのかもしれぬ、とも思った。

どうやらROUND1はイギリス人にとって珍しいらしい。確かに夫も超大好きだし、行けば嬉々として遊ぶ。

 

 

そういうわけで、10年ぶりの感動の再会もそこそこに、みんなでROUND1に移動してゲームしたりスポーツしたり、友人の子供といっしょになって遊んだりして汗だくになった。

彼らはすごく楽しんでいたし、物珍しさに写真撮りまくっていたので、やっぱりこの選択は正解だったのだと思った。

 

わたしは外国人のおもてなしを知らないので、こういうときは本場の人に従うべきである。

夫が楽しいと思うことは、たいてい夫と同じ国の人は楽しいと思える。

夫と感覚が似ている友人や家族なら特に。

 

日本人が良きと思って連れて行くどベタな観光地巡りが、必ずしも彼らを喜ばせるとは限らない。

ある意味、餅は餅屋である。