つれづれ手帖

アラフォー。純ジャパ。国際結婚。

わたしと英語

家の中では夫はほぼ100%英語で喋っている。
夫は日本語も使えるけど、わたしにはほぼ英語でしか話しかけない。
わたしは日本語と英語の半々で夫に話す。
だからわたしたちにしか分からない謎の言語ができつつあって、ちゃんとしないとなーと思いつつ、楽な方へ流れてしまう今日この頃。

わたしは英語系の大学に進学した。だけど留学などにはあまり興味はなく、のほほんとした大学生活だった。英語よりも第二言語に夢中になってしまったり、サークルに勤しんだり、バイトがんばったり、どこにでといる普通の学生。そういうわけで英語系の大学に行きながらもわたしの英語は机の上の英語であった。知識だけはあるが、実戦経験なし!というお粗末なもの。
それが何の因果か夫と出会って結婚までしてしまうとはまったく人生何があるか。これが分かっていたらもうちょっと勉強してたのに。

 

それでも、当時の英語が今すごく活かされている。こんな身を持って実感することある?ってくらいに、活かされている。だからやっぱり人間に勉強って必要だと思う。勉強して得することはあっても、損することは絶対ない。

わたしにとって英語は生活。365日、24時間。ずっと英語が必要。まさか自分がそんな人生を送るとは思ってもみなかったけれど、実際経験はほぼなくとも英語の勉強をしていたからこそ、今の自分があるってはっきり言える。

 

学校に行っていたときは、学校の勉強が役に立つ日が来るなんて一切思わずに、アホみたいに単語を何十回もノートに書いて覚えたり、たまにとち狂ったみたいにカラフルできれいなノート作ってみたりしながら勉強していた。そういや不規則動詞を気が狂うほどテストしてくれた塾の先生もいたな。あのときはぶん殴りたいくらいの気持ちだったけど今となっては感謝仕切り。マジであの時覚えといてよかった。そのときの英語の勉強が、今のわたしの役に立ちまくっている。当時買って使っていた単語帳や文法書も、捨てずにとっておいてよかった。頑張っていた若かりし自分に感謝しきりである。ありがとう自分!と先生たち!

 

わたしはこれまで英語を生活で使ってこなかったけれど、英語の知識はあったから、夫と知り合って仲良くなれた。夫は100パーセント日本語が分かるわけではないから、わたしに英語でしか伝えられないこともある。もしそれをわたしが理解できなかったら?きっとわたしたちはコミュニケーションが取れずに、友達止まりだったであろう。そう思えば思うほど、わたしにとって英語という存在はとてつもなく大きく、一生共にする運命共同体だと実感するのだ。

あ、そういや、英会話に文法はいらないって話、聞いたことあるかもしれないけど、絶対文法は必要やど!!いらんわけないから。日本人が英語を勉強するからこそ文法はいるねん。世の中に溢れかえっている「すぐわかる英語!」「すぐ話せる英語!」「丸暗記で話せる英語!」みたいないくら初心者向けの優しい本でも、文法がわかってこそ深く理解できるから。文法がわかってないと、丸暗記した英文しか使えないし、そんなのもったいなさすぎるし、時間もめっちゃかかると思うんやけど…。だから大人になって英語をやり直したいと思っている人がいたら、まずは中学の文法だけでもマスターしてほしい。大抵のことはそれで何とかなると思う。

 

というわけで、今日も夫のブリテッシュイングリッシュを聞きながら、アラフォーにして実践会話を訓練中なのであった。

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」