つれづれ手帖

アラフォー。純ジャパ。国際結婚。

よもやま話

働き方について考える日々

どうもこんにちは!めっちゃ久しぶりにはてなブログを開いてみたら、久しぶりすぎてどんな感じで書いていたのか忘れた。文体ってこんな感じだったっけ?(知らん) 前回書いた記事が4月21日なのでえ!待って!3ヶ月!?3ヶ月も何してたんだろう。えーっと特…

夫が家族や友人に恥ずかしくて言えないこと

「恥ずかしいから言いたくない」 イングランドにいる家族や友人と会話する時に、お互いのコロナウイルス事情を報告し合うこと早1ヶ月。1ヶ月前と今は状況はまったく違う。イングランドはロックダウン生活に突入したし、わたしたちも緊急事態宣言っていう生温…

夫は10万円の給付金をもらえるのか

新型コロナウイルス感染症で、日本は住民基本台帳記載者に10万円の給付金を配布すると発表した。 タイトルの問いに対して、結論から言うと、YESである。夫は住民票を持っているので、10万円の給付金を受け取る資格がある。 ただ、ここに行き着くまで、いろん…

いま、結婚式を開くか否か

コロナウイルスの影響はいろんなところに歪みを生んでいる。 周りに、結婚式を開くか否かで死ぬほど迷った挙句、決行した人、延期にした人がいる。決行した人とは直接的な友人ではないが、招待された友人は、なんとも言えない微妙な雰囲気だったと言っていた…

コロナウイルスとの毎日

いよいよ「コロナの新しいニュースは?」なんて言葉がおはようの代わりになってしまった。日本の家族とも、近況報告そっちのけでコロナのことばかり話している。夫の家族が住むイギリスでは全土でロックダウン中。昨日、イングランドに散らばる夫の家族たち…

2020年、ホワイトデーの朝のこと

今年のバレンタインは引越しやら掃除やら片付けやらでろくなものができなかったわたしに、夫は今年もサプライズを用意してくれていた。 ちなみに去年の話はこちら。 kumahat.hatenablog.jp 昨日の夜、マフィンやらトマトやら胡瓜やらベーコンやらを携えて帰…

大人になるってどんな時?

ちょっと前に大人になったのはどんなとき?みたいなテーマがはてなブログにあって、面白そうだなーと思って書こうとしていた間にテーマ期間が終わっていた。 が、これについて書いてみる。 大人になったと感じたときはいつかと聞かれたら、わたしは「結婚し…

めんどくさい人はやっぱりめんどくさい

過去を振り返ってみると、なんか知らんがめんどくさい男の人にばかり惹かれる傾向があったわたし。めんどくさい男って、経験値低い女の子からしたら魅力的に見えたりすることがあるやん?なんか影あると、素敵やん?今思うと時間の無駄やから関わるべからず…

一緒に成長していけばいいだけの話

わたしはアラフォーで結婚したのだが、今振り返ると、独身時代は自分でも気づかないうちに嫌な女になっていたと思う今日この頃。いつだってその何気ない言葉が誰かに響いてしまうことを忘れないようにしなければと、過去を省みて猛省しまくりである。 ◆ 若く…

スピード婚のすすめ

いい夫婦の日に入籍する人が多くて、芸能ニュースも話題豊富であった。中でもわたしの興味を一手に集めたのがオードリー若林さんの結婚である。 交際3ヶ月で入籍! ところで0日婚ってあるよね 相手を確かめることをしなくていい 結婚相手として相手を知る 親…

29歳はなんかある歳なのか

Amazon Primeでインセキュアを見始めたら、いろいろと考えることがあった。 マジでめちゃくちゃ 発売日: 2018/07/18 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る インセキュアって? わたしの29歳(仕事) わたしの29歳(恋愛) 29歳はなんかある歳 …

やればできること、なければないで大丈夫なこと

わたしはノマドワーカーで、今はそこまで仕事をしていないので、家事全般はわたしが一手に引き受けている。しかし結婚するまでは、自分が家事ができるとはあまり思っていなかった。一人で暮らしていたこともあるが、自分だけが食べる料理は適当だったし、掃…

仕事ができない人は返事が遅い

仕事をする上で、心掛けていることはいくつもあるが、中でもいちばんと言っていいくらいに気をつけていることは、レスポンスは可能な限り迅速にすることである。メールをもらったらすぐ返事をする。着信があったらすぐにかけ直す。簡単なことだけど、後回し…

同窓会に行きたくないアラフォー心

先日、大学時代の友人A子から「高校の同窓会の誘いが来てん。とうとうわたしも同窓会に行きたくない日が来たわ」とLINEがきた。詳しく書くとこうである。高校時代の同窓会があると連絡を受けたA子。仲間内の小さい女子会よろしくな同窓会ではなく、学年全体…

スマホをあまり開かないようにしたい

どう贔屓目に見ても、わたしはスマホの見過ぎだと自覚している。いい歳して、お恥ずかしい。わからないことがあればすぐ調べる、何かあるとすぐSNSをチェックする…。絶対に調べないといけないわけでもないし、誰のSNSをチェックするわけでもないのに、すぐに…

衝撃的なプロポーズに立ち会った話

いつだったか忘れたが、何年か前に友人たちと一緒にフレンチディナーに行った。そのお店はとても小さな、こぢんまりとしたレストランで、テーブルが4つとあとはカウンターというレイアウト。高級感たっぷりというよりは、ビストロ的な要素もあって庶民的なお…

夫に感謝していること

わたしは夫に出会う前、ある男性を追いかけていた。 今思えば好きでもなんでもなかったのかもしれないが、その当時はなぜか彼に固執していた。 わたしは昔からインテリな人を好きになる傾向があり、どこか偏屈でこだわりが強く、芸術家肌でなんか影のあるよ…

わたしが猛省している理由

夫は仕事のかたわらで、作家活動(アート)をしている。わたしが彼のことをもっと知りたいと思ったのも、彼のパーソナリティはもちろんだが、その作品がきっかけだった。仕事ではないので、今は夫のペースで、夫がやりたいように作品を作り続けている。 自宅…

ちょっとムッとした話

こちらでも仕事を始めようと思い、少しずつ営業活動を始めたのだが、仕事をする上で名前をどうしようかと迷い中である。 わたしは結婚を機に夫の姓に変えた。 ちなみに国際結婚の場合は、入籍しただけでは夫婦別性が基本である。 イギリスでは日本ほど夫婦別…

自分を楽しむ

最近、近所の図書館でカードを作ってからというもの、もうお金払ってもいいくらいに図書館を利用しまくっている。図書館ってすごいよな!!タダで本が読めるというスーパー素晴らしいメリットはもちろんであるが、公共の施設を利用するということが、今のわ…

フリーランスの掟

わたしは1年半ほど前からフリーランスとして仕事をしている。 引っ越した今は、以前から地元でやっていたクライアント様の仕事の中で、遠方でもできるものだけを細々とやっており、こちらで新規開拓はやっていない。 そもそも会社勤めを辞めたのは別にフリー…